「スタンダード集」とは、ジャズのスタンダードナンバーが沢山載っている曲集のことです。
どの本を買ったらいいのか迷われるかたも多いと思うのですが……。以下、詳しく説明します。

いきなりの結論ですが、ジャムセッション対策のために「黒本」を買いましょう!


シリーズ化されて1と2が出ています。まずは1を買いましょう。

【注意】inBb、もしくはinEbと書いてあるものは他の楽器用なので買ってはいけません(inBbは主にトランペットとテナーサックス用、inEbは主にアルトサックス用)。

【追加情報】新しく、1のハンディ版が出ました! 持ち運びやすさ優先ならこちらがオススメ。

初めてジャズに触れるかたは驚かれるかもしれませんが、ジャズの楽譜は、本によって、メロディーもコードも違うんです。しかも、どれが正解でどれが間違っているとか、そういう問題ではないケースが多いのです。

でも、CDを聴いて照らし合わせれば正解が分かるじゃん! と思いきや、CDの演奏にも無数のバージョンがあって、アーティストAの演奏では8小節目はこうなっているし、アーティストBではこうだし、これじゃあラチがあかないと原典のミュージカル映画のバージョンを確認してみるとこれまた全然違ったり、なんてことがしょっちゅうなのです。ホント面倒くさいんです……。

では、どうやってジャムセッションが成り立っているのかというと

  • 共通のスタンダード集をみんなが使う

という方法が採られているわけなんですね。いまは黒本が共通本です。

ちょっと上級者になると

  • 色んなスタンダード集の楽譜を比較し、納得のいく楽譜を自分用に作る
  • 定番となっているCDがある場合(例えば”If I Were A Bell”であれば Relaxin With the Miles Davis Quintet (Reis) )、それを耳コピして調整する
  • いくつかのスタンダード集のコード進行を覚えておき、いざジャムセッションの現場では、回りの音を聴いて瞬時に判断し、みんなに合わせる

なんてことをします。

 

一昔前のジャムセッションでの共通本だった「青本」


曲によっては、黒本よりも単純なコードが載っていて、初心者にはやさしかったりしますが……。でもまあ時代の趨勢的に黒本を買ったほうが良いでしょう。

 

スマホアプリ iReal pro も定番

  • キーが簡単に変えられる
  • マイナスワン機能がある

のがウリです。ただし著作権逃れのためにメロディーが書いていないのが致命的。
余談ですが開発者の名前を見たら僕のバークリー時代の同級生でした。凄いなー。

 

アメリカでの定番スタンダード集は「Real Bookリアルブック」

スティーブ・スワローのCD” Real Book “のジャケットの元ネタにもなった、超有名本。

実はこれ、著作権をクリアーしていない「裏」本で、普通の本屋には置いていなかったんです。とある楽器屋に行き、店員に頼むと、こっそりとカウンターから出してくれる、そんな本でした。

何年か前、合法バージョンが出版され、Amazonでも買えるようになりました。

これもシリーズ化されています。

 

亜流ですが、New Real Bookなんてのもアメリカでよく使われていました


笑えるのが、左上隅に「LEGAL」と書いてあること。「本家とは違い、ウチは合法ですよ!」とアピールしているわけですね。

 

【まとめ】ジャムセッションのために「黒本」を買おう