雑文

雑文

G・ガルシア=マルケス『百年の孤独』 章ごとのあらすじ

以前書いた記事 トマス・ピンチョン『重力の虹』章ごとのあらすじ に続いて、文学史上屈指の名作、ノーベル文学賞受賞作家G・ガルシア=マルケスの代表作、『百年の孤独』のあらすじをまとめてみました。 例によって、研究者でもなんでもない、一介...
雑文

小説の読書記録(随時更新)

評論家の呉智英氏によると、本というものは、500冊読むごとに読書の“段位”が昇段し、読むスピードが速くなっていくそうですが、これまでの人生であまり小説を読んでこなかった僕は、とにかく読むのが遅いです。『罪と罰』をはじめ、若い頃に挫折した小説...
雑文

トマス・ピンチョン『重力の虹』章ごとのあらすじ

アメリカのポストモダン文学を代表する、ノーベル文学賞候補の常連作家トマス・ピンチョンが書いた『重力の虹』は、あまりの長大さと難解さゆえに、やれ「アメリカの大学生が『読んだフリ』をする小説ランキング1位に選ばれた」だの、「全米図書賞を受賞した...
雑文

NYで観たコンサートの記録(2000年9月1日〜2001年9月10日)

これは、佐藤真也がニューヨークに住んでいた1年間(2000年9月1日〜2001年9月10日)に観た、コンサートの記録です。 バークリー音楽院を卒業後、僕は、かねてからの夢であった「New Yorkに住んで、ライブを観まくる生活」をおく...