あらすじ

雑文

G・ガルシア=マルケス『百年の孤独』 章ごとのあらすじ

以前書いた記事 トマス・ピンチョン『重力の虹』章ごとのあらすじ に続いて、文学史上屈指の名作、ノーベル文学賞受賞作家G・ガルシア=マルケスの代表作、『百年の孤独』のあらすじをまとめてみました。 例によって、研究者でもなんでもない、一介...
雑文

トマス・ピンチョン『重力の虹』章ごとのあらすじ

アメリカのポストモダン文学を代表する、ノーベル文学賞候補の常連作家トマス・ピンチョンが書いた『重力の虹』は、あまりの長大さと難解さゆえに、やれ「アメリカの大学生が『読んだフリ』をする小説ランキング1位に選ばれた」だの、「全米図書賞を受賞した...